資格取得の過程

資格取得過程

  • ※実務とは、自動車の装置の主要部品などに係る交換・調整等の整備作業を言います。
  • ※工業高校・大学において機械に関する学科を修了された方は経験年数が短縮されます。

試験について

自動車整備士技能検定試験

国土交通大臣が行う試験。自動車整備を行う上で必要な知識と技能があるかどうかを判定する為の学科試験(1級は筆記試験と口述試験)と実技試験を実施。(以下「検定」という。)

自動車整備士技能登録試験

国土交通大臣により別に定められた試験で、日整連が行い現行では学科試験のみ実施。検定試験に準じており、合格者は検定試験(学科)の免除を受けることが出来ます。(以下「登録」という。)

申請から資格取得まで

資格取得過程

受験のパターン

学科試験 検定 検定 認定合格者は免除 認定合格者は免除
実技試験 検定 養成施設終了者は免除 検定 養成施設終了者は免除

養成施設とは

  1. 1種養成施設…主として自動車の整備作業に関する実務経験を有しない者を対象とします。
    (国土交通大臣の指定を受けた高校・専門学校・職業訓練校などの過程)
  2. 2種養成施設…主として自動車の整備作業に関する実務経験を有する者を対象とします。
    (自動車整備振興会技術講習所)

※学科試験の合格日から2年間は合格した種目の検定(学科)試験が免除になります。

※養成施設修了者は修了日より2年間は当該種目の検定(実技)試験が免除になります。